「ありがとう」は仏教から出た言葉

盲亀浮木

今日は和歌山市民会館での勉強会でした。

その中で話をした事を紹介します。

『雑阿含経』の中には、有名な盲亀浮木の譬喩が説かれています。

ある時、釈尊が
「たとえば、大海の底に一匹の盲亀がいて、百年に一度、海上に浮かび上がるのだ。その海には、一本の浮木が流れていて、浮木の真ん中に、一つの穴がある。盲亀が百年に一度浮かび上がった際に、その浮木の穴へ、ちょうど、頭を突っ込むことがあるだろうか」
と尋ねられた。

阿難という弟子が、「そんなことは、毛頭、考えられません」と答えると釈尊は、
「誰でも、そんなことはありえないと思うだろう。だが、何億兆年よりも永い間には絶対にないとは、誰も言い切れないであろう。人間に生まれるということは、この例えよりもありえない有り難いことなのだよ」
とおっしゃっています。

私たちは、日常〝有り難う〟と言いますが、有ることが稀である、ということから出た言葉なのです。